キャンプグッズ

キャンプで最初に大事になってくるのが「テント」。 

グランピング等の宿泊施設併設の場所であればいらないですが、山、川でする場合は宿泊場所としてテントは必須です。

キャンプ テントの種類

キャンプテントには大きく分けて以下の2種類があります。

  1. 山岳テント
  2. ファミリーキャンプ

一人やカップルで行く場合であれば山岳テントで十分ですが、それ以上の人数で宿泊する場合はファミリーキャンプを選ぶ形になります。大きく分けたら2つなのですが、更に中が細かく別れています。

ドームテント

最初にイメージされるであろうテントがドームテントです。

「最初に買うテントはドーム型にしておけ!」と言われているほど定番で、種類も多くあるため建て方が簡単なものも多く、値段も安いものがホームセンターで販売されています。はじめてのテントを購入となるならドーム型を購入しておけば間違いないでしょう。

ドームテント コールマン / ドームテント ロゴス / ドームテント モンベル / ドームテント スノーピーク / ドームテント キャプテンスタッグ / ドームテント キャンパルジャパン / ドームテント ワンタッチ / ドームテント 5人 /

ロッジテント

画像の用にロッジみたいになっているのがロッジテントです。
基本的に10人以上などの大人数のために作られているものも多く、ドームテントなどと比較して少しお値段はt亀に設定されていることが多いです。

ロッジテント ミネルバ / ロッジテント おしゃれ / ロッジテント 4人 / ロッジテント コールマン /

ワンポールテント・モノポールテント・ティピー

ワンポールという名前がついているように、基本的に1本の棒だけでテントを作成するので「フレームが無い」のが特徴です。フレームが無いので収納した時にコンパクトかつ軽量になるので持ち運びも手軽になります。

ポールが1つなので、設営が非常にシンプルなのがメリットです。

その代わりデメリットとしてはシンプルが故に固定が難しいところです。ワンポールテントはペグ打ち(地面への固定作業)が必須でそれが全てでもあるので、ペグうちになれていないと難しいのかもしれません。

また支えがポール一本なので風が強い日には弱いと行った点もあります。

 

ティピーテント ロゴス / ワンポールテント ノースイーグル / ティピーテント コールマン /

ワンポールテント 4人 / ワンポールテント 8人 /

タープ

テントと同様に必需品がタープです。
またテントと同様に目立つ部分なので、オシャレ感を出すならおしゃれなタープを探してみても良いかも。 また最近では張り方が簡単なワンタッチタイプも人気があります。

おしゃれに行くならテントと同系色でまとめてみると良いかもしれません。

 

タープ コールマン / タープテント ワンタッチ / タープ ワンタッチ /

キャンプ 机

キャンプの時に机があるとやはり便利です。 キャンプ場であればそこにある可能性もありますが、場所によっては自分たちで準備する必要があります。

行く予定の場所に机はちゃんと準備されているのか確認しておきましょう。

キャンプ 机 折りたたみ / キャンプ 机 木 / キャンプ 机 おしゃれ /

キャンプ 机 アルミ / キャンプ 机 コールマン /

キャンプチェアー

同じく座る場所に必須なのがキャンプチェアー。 コンパクトなものから座り心地を重視したもの本当に様々です。

個人的にはコンパクトさを重視したいところですが、持ち運ぶ距離、場所によって変わってくるかと思うので、これから行く予定をしている場所に合わせて選ぶと良いかもしれません。

キャンプ チェア コンパクト / キャンプ チェア 人気 / キャンプ チェア 子供 /

キャンプ チェア ロースタイル / キャンプ チェア リクライニング /

キャンプ 寝袋

夏であれば代用品も多いので、宿泊場所によって準備が必要かどうかが変わるかと思います。

といってもやはり寝袋は持ち物をコンパクトに済ませられるので準備しておいて間違いないかと思います。選ぶ時に夏用であれば山などでも快適に寝られるかと思うので、選ぶ時は夏用華道家のチェックをしておきましょう。

 

シュラフ モンベル / シュラフ コンパクト / シュラフ コールマン /

シュラフ ナンガ / シェラフ 夏用 / シュラフ 冬用 /

シュラフカバー / シュラフマット /

その他 キャンプ用品

他にもキャンプ用品は大小様々あります。 ということで必要になりそうなアイテムリストを作ってみたのでよければ参考に探してみてください。

焚き火台

焚き火台 スノーピーク / 焚き火台 ロゴス / 焚き火台 コールマン /

焚き火台 キャプテンスタッグ / 焚き火台 テーブル /

焚き火台 ユニフレーム / 焚き火台 コンパクト /

キャンプラ ランタン

ランタン コールマン / ランタンスタンド / ランタン led /

ランタン マントル / ランタンハンガー /

その他グッズ

キャンプ グランドシート / コンテナボックス / キャリーワゴン /

ツーバーナー / バーベキューグリル / ダッチオーブン /

シェラカップ / クーラーボックス / 木炭 / 着火剤 / 軍手 / 虫除けスプレー /

カー用品

よくキャンプに行くならルーフボックスを購入しておくと、荷物の積める量が増えるのでおすすめです。 冬であればスノーボードやスキー用品も載せられるし年中使えるアイテムになります。アウトドア好きな方はぜひ購入してみてください。

 

車 キャリア / ルーフボックス /

自動車保険高い金額払ってないですか?

払い続ける自動車保険。安いほうがいい(・∀・)b

300万人以上が利用し、自動車保険料が安くなった金額の平均額が25,000円。25%近い人は3万円以上安くなっています。安くなるから怪しい保険会社なんじゃないの?と思うかもしれませんが、三井ダイレクト、ソニー損保、チューリッヒ、アクサダイレクトなどの大手もあります。

安い自動車保険に乗り換えるならこちらから!

↓   ↓   ↓

※3分で入力終わります


ページトップへ